【※月額2,000円で毎日2食GET】フードシェアリング系のポテンシャルが高すぎる。

いやー最近きてますね、フードシェアリング。

ちなみに情弱の皆さんのために説明すると、フードシェアリングってのは余剰食品を分配するようなサービスのことです。

今月スタートしたReduceGOをはじめとして、ちょこちょこ参入する企業が増えてきている感じです。

一体どんなサービスかというと

・月額2000円

・毎日2食まで余剰食品を受け取れる

プロ奢ラレヤー
やべえなw
まー坊/0円研究家
まだ東京でしか使えないけど泣

まだサービスが始まったばかりっていうのもあって、提携店舗数が少ないんですよね、、

フードシェアリング自体がまだ認知されてないですし、飲食店側からすると衛生面や対応コストなど懸念点を感じてしまうお店はまだまだ多いんでしょうね。

ただ、1日に2食しか食べないよって人、今けっこういるのでそういう人はReduceGoを使うだけで月の食費を合計で2000円に抑えることができると考えると、ポテンシャルは相当高いです。

どんどん提携店を増やして全国展開していったら、僕は余剰食ニストになってしまいそうです。

あとはTABETEというサービス。

【 TABETE 】フードロス削減をねらう国内初のフードシェアリングサービス

こっちも余剰食品を扱っているサービス。月額ではなく、1000円→500円になるようなイメージ。

夜遅い時間になると、スーパーとかの食材が値下がりするような感じか。あれのプラットフォームになるポテンシャルがある。

TABETEに関してはまだスタートしてないが、春スタート予定なのでもうじき始まると思います。

まー坊/0円研究家
もしかしたら延期するかも、、

 

ReduceGoやTABETEのような「フードシェアリング系」のサービスと、フリーランチのような「月額制食事サービス」を組み合わせたら月の食費は簡単に5000円以下に抑えることができます。

今年の終わり頃には、どっちとも実用できるくらいのサービスになっているといいですね。

「月額500円」で毎日ランチ食べ放題という狂ったサービスがあったin福岡

家で自給自足して月の食費5000円になりますか?

自分で安い食材を選んで買ってきて家で自給自足するより、よっぽど時間対効果も費用対効果も良いんです。これからはそういったことも考えないといけない。

「5000円すら払いたくねえ」というプロ奢ラレヤー氏は今日も元気に奢られています。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です