「稼ぐ」より「使う」ほうが絶対難しい、たった1つの理由。

0円研究家です。

こないだ、お金を稼ぐより、使うほうが難しいのでは?という議論がツイッター上で盛り上がっていたので、僕の持論も展開しようと思う。先に言っとくと「使うほうが難しいに決まってるだろ???」派です。

まず、この議論見てて思ったのは

こいつら全然、議論できてないじゃん、、、、、

って事ですね。
これとか

これとか

一体全体、何と比較してるの?????????
そりゃ、コンビニで適当に金使うのは、金稼ぐより簡単だよ。
そりゃ、バイトで金稼ぐのは、効率的にお金を使うよりは簡単だよ。

お金を稼ぐより、使うほうが難しいといったウォーレン・バフェットはそんな不毛な事を比べて「あ、お金稼ぐほうが簡単だ( ´ ▽ ` )ノ」と思ったわけない。失礼だろバフェット先生に。

そもそも()の中が見えてないんですよね。

お金を稼ぐお金を使うで比較してるわけじゃない。
「お金を(効率的に)稼ぐ」と「お金を(効率的に)使う」を比較してるんですよね、これ。

まさか、バイトで稼ぐのとコンビニ弁当買うのを比較しないじゃないですか。

そんで比較するならどの要素を比較するかも、合わせないといけない。
ラーメンを比較するときに、

まー坊/0円研究家
こっちの麺の方が美味かった!
プロ奢ラレヤー
いやこっちのスープのほうが美味かった!

などと言い合っても意味ないですからね。

僕だったら、ネット上に出回ってる「情報量」で比較する。
シンプルに考えて、参考にできる情報量が少ないほうが難しいですよね。

と考えると
「お金はこうやって稼げる」というようなノウハウとかって死ぬほど情報が出てくるけど、「お金の有効な使い方」ってなかなか無くないですか?あんまないよね。だから、お金を効率的に使うほうが難しい、という事です。

ふぅ、言いたい事、言えたから満足した。

まあここで終わったらあまりにも生産的じゃない記事なので、僕のおすすめする「使い方」というものをざっくり書いとく。

①余計な出費を抑える       例:車を買わない、スマホは格安simを使う
②楽しいと思える事に使う     例:釣りにいく、漫画を買う
③自分の価値を高める事に使う   例:自己投資、希少性の高い経験
④子供や若者に投げる       例:教育費、ボランティア
⑤自分の時間を買う        例:家事代行、健康商品
⑥普通に投資する         例:株、不動産、投資信託

こんなもんかな。
ただ、これはただの方向性であって実際にどういう事にお金を使えばいいかは、個人でしか判断できない。それも難しい要素だ。
自分にあった使い方を見つけよう。

②&③の事例↓

前澤さんは何十億する絵を一括支払いで買った事で、世界を驚かせた。
その背景には絵が欲しかったというのもあるけど、「希少性の高い経験をしていれば、金はどんどん増えていく」という前澤さんの考えもある。

そのためにはちまちま使っても意味ない。
だから、彼はいつも「限界まで」使っている。

https://twitter.com/taichinakaj/status/998537004303306757?s=21

プロ奢ラレヤー選手も、「いろんな人と会うのが楽しい」と「希少性の高い経験」を組み合わせているイメージだ。
彼はアウトプットも独特なので、非常に希少性の高い人間となっている。

こんな感じの使い方はいいですね〜楽しそうw

楽しく、自分の価値もあげれるなんて最高じゃないですか。
今、つまらない事にお金をかけてる人は改めて、見直してみよう。

 

何にお金を使っていますか?

それは本当に必要ですか?










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です